燃えるアゲハ

暑い夏に暑い背景色で登場
でもアゲハは涼しげに笑っているように見えました


20120822IMG2158ブログ08051

この場所では毎年いろんな撮り方を試していますが、
今年は400mmで撮ってみました。
諦めていた距離で狙えるだけでなく、
背景処理の容易さは180mmより上かもしれません。


20120805IMG2070ブログ08052
花園の真ん中で繰り広げられる求愛にも届きました。
雌(左)に求愛してホバリングする雄(真ん中)の飛翔をAFで撮れます。
オマケでアオスジ(右)が入ってくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

夏ですねえ。
灼熱の色、でも涼しげなチョウたち
あ、光が柔らかいんだ

☆RANAさん

残暑ですね~。
>光が柔らかいんだ
はい、ご明察の通り、1枚目はチョイ逆光でスッキリ柔らかく仕上げました。
撮影者は暑さでグニャグニャでしたが。^^;

アゲハの黄色映える

アゲハチョウの背景としては、
シンプルな「青」空や、木々の「緑」を
直ぐに思いつきますがオレンジ色と
言うのも面白い配色ですね!

こんばんは

400mmで蝶を撮るという発想が無かったのでてふさんの写真を見てやってみることにしました。
180mmでは中央の良いシーンは無理ですもんね。

↓ジャンプしているのはボラに見えますがタマゾンではハクギョのジャンプも有名ですね。
それにしても400mm活躍していますねー(^▽^)/

No title

400mmで撮っちゃうところがすごいです(≧∇≦)
本当、背景いい感じですね~。。
写真で、油絵 ここ、いいかもっ
絡み、アオスジが入ったところがミソですね~☆

☆ヒメオオさん

そうですねー。蝶に限らず昆虫撮影ではどうしてもアースカラーになっちゃいますよね。
こういう背景色にできる場所は限られますが、
別世界にトリップしていただけると本望です♪

☆nekoさん

400mmの3.5mという最短距離、実は180mmで撮り始めるスタートの距離でもあります。
ということは逃げられる確率の少ないファーストショットで決められるということです。
シジミクラスだとあまりにも小さくなっちゃいますが、
アゲハクラスには「蝶用レンズ」です♪

☆Sippoさん

>油絵
なるほど、水彩画よりも油絵っていう配色になりましたね。^^
絡みでアオスジが入ってくれたのはラッキーでした♪
プロフィール

てふ102

Author:てふ102
人類(♂)ですが、前世は蝶か鳥でしょう。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター