スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾放浪記 1 (蝶編)

海を渡り、国境も越えて旅するアサギマダラ
尊敬をこめて、私も台湾へ逢いに行ってきました

20150507IMG3105ブログ0537
恥ずかしながら、ガイドなし・一人の海外旅行は初体験でした。
このために台湾語講座に通い、情報収集も入念に行いました。
現地の山でアサギマダラに逢えた感動は言葉になりません。

20150507DSC8794ブログ0503
5日間のうち70%が雨天でしたが、
さすが蝶王国、悪天候でもいっぱいいます。
1枚目、アサギマダラ+台湾の山風景
2枚目、タイワンアサギマダラの飛翔

20150507DSC9240ブログ0504
3枚目以降は名前をこれから調べますが
どれを撮っていてもアドレナリンがバクバク状態でした。

20150507IMG3214ブログ0506
都会の真ん中の普通の公園でも
こんな綺麗な蝶がいます。
蝶を撮ってるのは変な外国人(=てふ)一人でした。

20150507DSC9950ブログ0506
放浪記 2 は鳥編
3は虫その他の予定です。

20150507IMG3198ブログ0506
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

愈々台湾旅行記ですね~♪

てふさん~ゞ( ' ▽ '*)コンニチワ♪
ここで、台湾へ行かれるって聞いたので 
その報告を お待ちしていましたよぉ~!
お帰りなさ~い。 収穫は沢山ありましたか?

渡りのアサギマダラと 
タイワンアサギマダラは 違うんですね~!!  
3枚目は、シジミチョウの仲間かな~?
4枚目は、カバマダラに 似ている~♪
5枚目の白蝶は 妖精みたいで~美しいわ。
6枚目は タイワンキマダラに 似てる~♪
なぁ~んて 勝手に呟いてしまいました。m(_ _)m
続編を期待しています。

3番目「紅辺黄小灰蝶」、最後は「タイワンキマダラ」

台湾は憧れの地ですが、いまだに行った
ことがありません。
「台湾”コ”蝶大図鑑」によると3番目「紅辺黄小灰蝶」
Heliphorus ila matsumurae Fruhstorferのようです。
最後は西表島でも見かける「タイワンキマダラ」のよ
うに思います。

☆かえでさん

帰国後の初コメントありがとうございます♪
結構雨ばっかりでしたが、収穫はいっぱいありました。
雨の中、山道を放浪していましたが、雨が止んだとたん、
どこからともなくいろんな虫や鳥が登場してくれましたから。

タイワンアサギマダラは胴体の色が違います。
飛んだ時、「あれ!? なんか違うぞ!」と気づきました。
ここには出しませんでしたが、アサギ+タイワンアサギが2ショットで
魚眼に納まってる絵もあります。^^

☆ヒメオオさん

胡蝶図鑑調べていただいてありがとうございます♪
私の「台湾常見的胡蝶」図鑑によると
3枚目=紫日灰蝶
4枚目=金斑蝶=カバマダラ
5枚め=水青粉蝶
6枚め=台湾黄斑鋏蝶(「鋏」は「虫辺」に「鋏」の右側)
なのですが、台湾在住の専門家によると
「これじゃ足りないよ」と分厚い図鑑を見せてくれたので
正確なところはわかりません。
それにしても初見参の蝶名を調べるのって楽しいですね♪

No title

海を越えるアサギマダラに誘われて
てふさんも、海を越えたの!!

なんか、私もうるうるきちゃいました。

言語を覚え ガイドも無しで。

これぞ「旅」!!!

拍手☆(^o^)/

☆Sipppoさん

蝶への情熱を共有していただき嬉しいです♪
言語習得はなんとか目的地まで行ける程度でしたが価値ある投資でした。
・・・外国の山に何日もうろつくツアーなんてありませんから。^^;
困った時もありましたが、台湾の人はいろいろ教えてくれる優しい人達ばかりでした。^^
プロフィール

てふ102

Author:てふ102
人類(♂)ですが、前世は蝶か鳥でしょう。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。