ジャコウ古道

鎌倉時代に使われていた古道
約800年前も旅人も
沢山のジャコウアゲハを見ていたことでしょう


20110604IMG5191ブログ06041

これだけ1種類のアゲハが、次から次へと出てくる道はあまりないでしょう。
歩いてゆくと、5mおきにジャコウアゲハが舞って来る状態でした。
「何かいればいいや」ぐらいの気楽な古道ハイキングが大当たりでした。

20110604IMG5291ブログ06042

白い花は特に大人気で、常時3~5頭のジャコウアゲハが吸蜜していました。
飛びのチャンスも多かったので、青空抜きができました。

20110604IMG5623ブログ06043

余裕があったのでスローで翅をブラシて・・・
でも芯があって翅だけ大きくブレている写真はなかなか撮れません。
いつか再チャレンジしたいと思います。

20110604IMG5295ブログ06044

このメスはよく見るとお腹がパンパンに膨れています。
産卵直前なのでしょう。
残念ながら産卵シーンにはお目にかかれませんでした。

20110604IMG5586ブログ06045

他にいたのはモンシロとこのサトキマダラヒカゲですが、ジャコウほど頻繁には現れませんでした。
地味なこの子も、サラサドウダンツツジと一緒だと、華やかに見えます。

20110604CIMG5418ブログ06046

下山途中では、物好きな甲虫が撮影者の手の上に上がってきました。
いつものパスト連射に見えますが、まぐれの1発あたりで飛びGETです。

20110604IMG5424ブログ06047

ラストはこの日の目的地の滝へ
大きくはない滝でしたが、この音には癒されます。



スポンサーサイト

テーマ : 蝶の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

Secre

甲虫の飛び出し

下から2番目の指から飛び立つ甲虫のメタリックグリーン輝いてますね!背景がすっきりしていてとっても綺麗です。

こんばんは

こんなにジャコウが多いというのは近くにスズクサが群生しているのでしょうね。
二枚目のジャコウの飛びは感動ものです!
適度にぶれた翅に力強い動きを感じます、

甲虫はまぐれ・・・ご謙遜を(;^_^A

No title

初めまして。fieldwindさんからやってきました。
ジャコウアゲハはこちらにもいるはずなのですがいまだに出会っていません。

サトキマダラヒカゲ、花にも来るのですね。

No title

ジャコウアゲハ、素敵ですね!
広角接写が光っていますよ~!!!
天気も良くて気持ちよさそう。

☆ヒメオオさん

甲虫が最も良く輝くのは順光ですね。
この場面も単にキラキラしていたので
それを撮ろうとしたら、運よく飛び立ってくれました。

☆fieldfindさん

そうですねー。食草がいっぱいないと、これだけ多くの数はいないでしょう。
2枚目の飛びは1/500なので適度にぶれています。
1/1000で止めないで絞ってこの速度にしときました。
甲虫は本当にラッキーだったんです。^^;

☆torinaraさん

はじめまして♪
ご訪問いただき、ありがとうございます。
ジャコウアゲハはいる場所にはまとめています。
ただ年によって差があるようにも思えます。
サトキマダラヒカゲは足元にチョコンといることが多いですが、
たまには華やかな舞台に立ちたいのでしょう。^^

☆RANAさん

広角接写、バッチリ決まりました!
・・・と言いたい所ですが、調光補正がギフチョウ用になってました。
もうチョイ輝かせなきゃダメですね。^^;
お天気も良く、爽やかな1日でした♪

No title

てふさんも、ジャコウだぁ~♪
今年はこの子、よく見かける気がします。
増えたのかな!
ダイナミックスな2枚目、てふさんの醍醐味ですね(^0^)/
サトッピがこんなところに・・・美しい~♪
甲虫さん、てふさんに遊んで貰えて、ウキウキですね^^
滝、涼しそう!

浪漫

なんといっても1枚目でした!
更紗満天星の名に呼応するような麝香揚羽の朱星斑、そして細道
ロマンを掻き立てられました☆

☆Sippoさん

>サトッピ
一度この子をドアップにしたら、ある方から「怖い」と言われ、
それ以来なんとなく敬遠していたキャラでした。
しかし「サトッピ」なんてネーミングだととても可愛い存在になりますね♪
蝶を愛していないとこういう愛称は付けられないです。^^

☆HANAZONOさん

はい、1枚目は漫才で言うと「掴み」なので、その日の撮影を代表する写真にしています。
花は「サラサ」・・・星がサラサラ輝くイメージ・・・そしてスターウォーズの悪役みたいな蝶・・・
おおまかにそんなイメージもしておりました。
すると古道は天の川ってとこですかね。^^
プロフィール

てふ102

Author:てふ102
人類(♂)ですが、前世は蝶か鳥でしょう。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター