スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫島 アサギマダラ その3(ラスト)

これを大軍バックに撮りたかったので
またリターンマッチ行きます
20130602IMG5953ブログ0524
最後だけちょっと悲しかったことを。
一つめは例年の10分の1の数しかいなかったこと。
昨年の今頃は2000頭程の大群衆が集まっていましたが、
今年はせいぜい200頭程度。
気候不順か食草の不作かわかりませんが、
去年ここに来れなかった事を悔みました。


20130602Img6473ブログ0525
二つ目はアサギが鳥に食べられているという現実。
哀れマーキングされた翅の残骸だけが残っています。
毒を蓄えて苦いはずなのに平気な鳥たちがいます。

20130602IMG3635ブログ0525
その犯人(犯鳥?)がイソヒヨドリ。
島の方が食べてる現場を目撃したそうです。
カラスの足跡も多数残っていました。
この島の鳥たちは毒でも大丈夫なように進化したのかな?

何にしても自然だから仕方がありません。
この顔見てると憎めないし・・・

20130602IMG6038ブログ0525
集団飛翔はこの4~5頭が精一杯でした。
「一回で撮れるなんて甘くないよ。またこの島に来なさい。」
とアサギたちに言われた気がしてます。
来年か再来年かわかりませんが、リターンマッチを誓うてふでした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

No title

自然って、毎年毎年、、同じ年は二度と無い
まさに、出会いは一期一会ですよね。
トップの絵に、てふさんの「想い」をしっかりと感じました!
アサギ食べちゃうのですか、、
みんな必死なんだ、
翅、、痛々しいですね。
でも、そんな現実を知ったから
次の出会いは もっと力強いアサギマダラと
てふさんの想いが重なった、素敵な出会いとなると思います!
拍手☆

一枚目

感動しましたー。凄い!
最高傑作かと思うと次々にその上が出て来てもうキリがない。だから面白いんですよねー。一枚の背景にたくさんのアサギがいたら、そうおもうと鳥肌ものです。

☆Sippoさん

昆虫との出会いはまず二度はないから、正に一期一会ですよね。
今回撮ったアサギマダラの子孫を来年以後撮れる確率だって何千分の1かわかりません。
でも「想い」はいつかどこかで叶うと思っています。

☆nekoさん

感動していただき恐縮です。
その日撮った最高の写真でも、まだまだ「こうしたい」があるので
飽きずに続いてると思います。
キリがないってことは、写真は死ぬまで続けられるってことですね。(爆)

No title

絵のようですね、素晴らしい
凄いシーン、いつか期待しています

☆RANAさん

私はよく「写真」と言わず「絵」と言ってます。
「写真」だと「写真はこうあらねばならない」のが多いのですが、
「絵」の方が自由ですもんね。
頭の中で勝手に書いた絵を、いかに写真で近づけるかですね♪

数が減っているんですか

数年前にネットサーフィンしていたら凄い数のアサギマダラの画像が・・・
てっきりCGだと思ったら 本当に集まっていたんです。。。撮影場所が姫島
何があったのでしょうね
イソヒヨ。。。綺麗なのに毒があるというアサギマダラを食べても大丈夫とは。。。
来年頑張って 大群の画像アップしてください~~期待しています

なおこんさん

減ったのが今年だけなのか、それとも減少傾向にあるのかは不明です。
大軍の時の画像は圧倒されちゃいますよね。
私もそれを撮りに行ったのですが・・・
でも何回か行くうちに絶対撮れると信じています♪
プロフィール

てふ102

Author:てふ102
人類(♂)ですが、前世は蝶か鳥でしょう。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。