春待ちシジミ

成虫で越冬する蝶ウラギンシジミ
雨がかからないよう葉裏で逆さになり
脚の先は離れないよう葉の組織に食い込んでいます。
冬の日光を浴びるススキ野原を見ながら
春を待ちわびているかのように見えました。


20130331IMG6234ブログ20120129

今週は天候不順で成果がなかったのと、
昨年の某写真展作品をこちらに出せるタイミングが重なったので
時間をかけた自信作を出します。

4月になって暖かくなれば、
このウラギンシジミだけでなく
多くの蝶が出てくるでしょう。
太陽を待つ自分の心と重ねてみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

さすが

自信作といわれるだけの作品ですね。
太陽と蝶と風景というテーマがしっかり調和しています。

それにしてもウラギンは常に分厚い水を弾きそうな葉の影にいます。
よく選んでいるのでしょうね。

No title

じっくりと時間をかけて、、
心をこめて撮影されたのでしょう。
ウラギンシジミと一緒に、ここで太陽を見ている気持ちになりました。
葉っぱの輪郭がくっきりと浮かび上がって
この子を守る光の環!
素敵な作品です(*´∀`*)

☆nekoさん

コメントありがとうございます。
蝶と風景がマッチする写真は滅多に撮れないので、
「調和」という言葉が出てくるのはありがたいです。
ウラギンは確かに葉っぱ選んでますね。
数か月の命がかかってますから。^^

☆Sippoさん

>葉っぱの輪郭がくっきりと浮かび上がって
>この子を守る光の環!
いやー、ここに気付いてくれるのはさすがです。
普段から逆行意識してないと分からない視点ですよね。
フラッシュ使うとそこは弱まりますが、
さりげない「味付け」がわかる人がいて幸せです♪

No title

まるで、画家が絵に描いたような完璧な構図ですね!

☆RANAさん

構図をお褒めいただき恐縮です。
でもSSPではこれではない写真が通りました。
冬を示す雪景色でないのが要因かなと・・・
贅沢言っちゃいけませんね。^^;
プロフィール

てふ102

Author:てふ102
人類(♂)ですが、前世は蝶か鳥でしょう。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター